証券会社の種類の比較

証券会社には、「総合証券会社」や「ネット証券」(インターネット証券)といった種類があるのをご存じでしょうか。

ここでは、証券会社の種類の比較について解説していきたいと思います。この「総合証券会社」と「ネット証券」の2つを比較しての大きな違いとしては、一部例外はありますが、店舗を構えているかどうか(SBI証券はネット証券ですが、店舗があります。

現時点で最高の産経ニュースについての情報をまとめたサイトです。

)や、取扱商品の違い、オンライン取引での売買手数料の違いなどが挙げられます。

「総合証券会社」には、野村證券や大和証券、SMBC日興証券やみずほ証券があります。

法人や個人への金融商品の販売のみならず、新規上場の引き受けや自己売買、売買の仲介、その他、投資銀行業務など総合的に全てのサービスを提供しています。

安心、信頼の証券会社の比較使いやすさが好評です。

世界各地に拠点を持ち、国際的に展開している例も多くみられます。



また一方、「ネット証券」には、楽天証券やSBI証券、松井証券やカブドットコム証券などがあります。

インターネットの普及していない昔は、当然、「ネット証券」という言葉すらありませんでしたが、近年のインターネットの普及に伴い、急速に発展してきました。
従来から行われていたような対面営業ではありませんので、その分人件費や固定費を投資家へ還元でき、結果的に総合証券よりも大幅に安い売買手数料へと繋がります。この両者の対照的な特徴を比較したうえで、ご自分の希望する取引スタイルに合致した方を選択することが重要です。